​トラブルシューティング

負荷が掛からない、アプリとの通信が出来ない、など正常に作動しない場合は、お手数ですが以下の確認をお願いいたします。なお、本体の電源が入らない(本体のLEDランプが点灯しない)場合はACアダプターの不良が考えられますのでお問合せフォームよりご連絡ください。

2020/11/23版 ※本稿、内容充実のため随時更新予定です。

【本体LED点灯パターンの確認】

 

「SARIS スマートトレーナーLED表示一覧」を参照して頂き、本体LEDの点灯パターンからスマートトレーナーの状態を確認してください。

【セルフチェック前の準備】

 および

【負荷が掛からない場合】

 

​ トレーニングアプリを繋がず、トレーナー単体での作動を確認します。

  • スマートフォン用のSARISアプリを用いて、SARISスマートトレーナーのファームウェアを最新にしてください(ファームウェア更新手順追記予定)。
    SARISアプリのダウンロードはこちら。

h3-dd-smarttrainer.png
  • 同じく、トレーナーの校正も行ってください(校正手順追記予定)。

  • トレーニングアプリを繋がないスタンドアローンの状態で、ペダリングの踏力増加に伴って漸進的に負荷が掛かるか確認してください。また、SARISアプリのERGモードの設定値に連動して負荷が変化するか、確認してください。

  • ​負荷が掛からない、負荷が連動しない場合は、本体の不具合が疑われます。お問合せフォームよりご連絡ください。

【トレーニングアプリとの通信が出来ない】

​ スタンドアローンでは問題が無いが、トレーニングアプリとの接続に問題がある場合。

  • お使いのトレーニングアプリ(ZWIFT等)のFAQページを参考にセルフチェックをお願いします。

  • セルフチェックでも解決しない場合は、各トレーニングアプリのサポートへお問合せください。

  • 参考:ZWIFTサポート関連リンク
    サポートトップ トラブル対応 BLEとANT+接続について

  • 上記の他、ZWIFTのBLEとANT+の接続トラブルでは、以下もご参考に。

    • Wifiの2.4GHz帯域をトレーナーとのBLEやANT+の通信に優先的に使えるよう、PCやスマホなどのZWIFT以外のネット接続は、5GHz帯域でWifiルーターと接続するようにしましょう。

    • [PCのUSB3.0ポートにアンテナ(BLEやANT+のドングル)を差す場合]
      USB3.0ポートにアンテナを直に差さず、電磁シールドされたUSB延長ケーブルを用いてアンテナをPCから90cm以上離し、​トレーナーの近くに配置しましょう。※USB3.0ポートから発生する干渉電波を避けるため、ポートから距離を取ります

    • スマートフォンやタブレットでZWIFTアプリをプレイする場合は、位置情報をオンにしてください

    • Mac PC内蔵のBLEでの接続が不安定な場合は、ANT+接続をお試しください。この場合も上記の通りアンテナをUSB3.0ポートから90cm以上離しましょう。

    • トレーナーとサイクルコンピューター等がBLEで接続されている場合は、その接続を切り、トレーナーをZWIFTをプレイするデバイスとBLEで繋ぎ直してください。

    • 見落としがちな電波干渉源として、電子レンジの電波や、洗濯機のモーター、湯沸し器など、各種電子機器・家電が挙げられます。通信が途切れる際に、ご自宅および隣家でこうした機器を使用していないか確認しましょう。対策として、延長ケーブルでアンテナとトレーナーを近づける、機器の使用時間をずらす、トレーナーの設置場所を変える、などをお試しください。

【トレーニングアプリと接続できるが、負荷が掛からない、軽い】

  • トレーニングアプリで「トレーナー難易度」の設定ができる場合は、設定が低すぎないか、各トレーニングアプリの設定画面より確認ください。

【それでも状況が改善しない場合は...】

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

©2020 Y・International Corporation