SARISアプリ

スマートフォン用のSARISアプリには以下の4つの機能があります。

​スマートトレーナーを快適にご利用頂くために、ファームウェアアップデートとキャリブレーションを必ず行ってください。

​サポートライダーの川村選手のブログ(すくみずログ)では一部動画を交えて解説されています。こちらもご参考に。

「Saris H3 スマートトレーナーのキャリブレーションとアップデート(Saris Utility アプリ)」 https://skmzlog.com/2020/10/08/saris-utility/

​1.SARISアプリをダウンロードし、Bluetooth接続の準備をします

h3-dd-smarttrainer.png
%25E3%2583%2580%25E3%2582%25A6%25E3%2583

​アプリをダウンロードして開きます。

予めスマートフォン・タブレットのBluetooth通信機能、をオンにしておきます。
SARISアプリ使用時はスマートフォン・タブレットの位置情報(GPS)をオン、SARISアプリへ位置情報の使用を許可してください。

​スマートトレーナーが他の機器に繋がらないよう、サイクルコンピューターやPC・スマートフォン・タブレット等のデバイスと繋がっている場合は、その接続を解除しておきます。

​2.ファームウェアアップデート

​スマートトレーナーの制御用プログラム(ファームウェア)を最新版に更新する作業です。

①UPDATE FIRMWAREをタップ

②スマートトレーナーの検索が始まります

③スマートトレーナーが認識されました
※SARISの旧ブランド名Cycle Ops時代の商品名「Hammer」で表示されます

​④スマートトレーナー名をタップするとファームウェアアップデートが始まります

​⑤アップデートが完了するとバージョン等の情報が表示されます

 

​3.キャリブレーション

 

​スマートトレーナーの負荷抵抗の校正(キャリブレーション)を行えます。正確なパワー計測のために定期的に実施することをお勧めします。特に気温・室温が大きく変化した際や、設置場所を変えた際は必ず行いましょう。

キャリブレーションは機器の温度に影響を受けるので、開始前に中強度を中心に10分程度ペダリングし、スマートトレーナーの暖気をしておきましょう。

​※暖気ライドでZWIFT等トレーニングアプリを使用した際は、SARISアプリでのキャリブレーションの前にスマートトレーナーとトレーニングアプリの接続を切っておきましょう。なお、ZWIFTのキャリブレーション機能を使う場合はZWIFTでの暖気ライドからそのままキャリブレーションに移行できます。⇒ZWIFTでのキャリブレーション方法はこちら

①CALIBRATE TRAINERをタップ

​②上記2.ファームウェアアップデートの②③と同じくデバイスが検索されます。デバイス名をタップするとキャリブレーション画面に遷移します

​③BEGIN CALIBRATIONをタップ

※'21年1/15のアプリアップデートで指定速度が「34キロ/21マイル」に変更されました

④画面の指示に従いゆっくり漕ぎ始めます

​⑤画面の指示速度になるようにペダリングします。速度の指示はキロ(KPH)とマイル(MPH)が併記されます

⑥指定速度に達したら、その速度を維持するように指示されます

​⑦「Coast」の表示が出たらペダリングを止めて、トレーナーを空転させます。空転から停止するまでの時間を基に校正が行われます。ペダルから足を離してもそのままでも構いませんが、決して漕がないように

​⑧キャリブレーション終了です

 

4.ERGモード

選択ギア・ケイデンスに関わらず、指定パワー(ワット)になるようスマートトレーナーの負荷が自動調整されるモードです。簡単なトレーニングに使用できますが、指定時間でパワー値を変化させるプログラミングはできません。

他には、アプリを介さずトレーナー単体でバイクのパワーメーターの計測値と比較する際などに使用できます。

①ERG MODEをタップ

​②上記2.ファームウェアアップデートの②③と同じくデバイスが検索されます。デバイス名をタップするとERGモード画面に遷移します

③WATTSボタン、もしくは+-ボタンをタップし希望のパワー値を設定すると、ケイデンス・ギア比に合わせてスマートトレーナーの負荷抵抗が自動で変わります

【例】指定100w/ケイデンス83/出力100w

【例】指定100w/ケイデンス93/出力103w

 

5.トラブルシューティング

スマートトレーナーとSARISアプリのBluetoothおよびネット接続の環境を確認する機能です。

スマートトレーナーとSARISアプリの接続に問題無ければ、基本的にはスマートトレーナーとZWIFT等のトレーニングアプリとの接続にも問題が無いと言えます。

ただし個別のトレーニングアプリのバージョンや仕様、プレイする機器・環境・時間によりその限りではありません。具体的には、アプリを動かすPC・スマートフォン・タブレット等のデバイスのスペックや、家屋の環境、電子機器等の使用状況によっては接続できない、接続が途切れる可能性があります。接続についてはこちらのトラブルシューティングもご参照ください。

①TROUBLESHOOTをタップ

​②上記2.ファームウェアアップデートの②③と同じくデバイスが検索されます。デバイス名をタップするとトラブルシューティング画面に遷移し接続環境のチェックが始まります

​③トラブルシューティングが完了し、アプリとスマートトレーナー間の接続に問題無いことが確認できました。もしもチェックが入らない項目があれば、その内容を確認し設定や機器・環境を見直します

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

©2020 Y・International Corporation